人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新・アルミフレームの在り方⑥

フロントフォークについて少し書きます。
画像の左から「チェントウノSR」「初代ゼロセッテ」「モンテクワトロ」になります~
新・アルミフレームの在り方⑥_a0386742_16463164.jpg

「チェントウノSR」の実測重量は「399g」です。下玉押し(ベースプレート)付き
新・アルミフレームの在り方⑥_a0386742_16463107.jpg

「初代ゼロセッテ」の実測重量は「332g」です。下玉押し(ベースプレート)付き
新・アルミフレームの在り方⑥_a0386742_16462882.jpg

「モンテクワトロ」の実測重量は「382g」です。下玉押し(ベースプレート)は手前に置いています。
コラム未カットの状態です。
新・アルミフレームの在り方⑥_a0386742_16462675.jpg

カーボンコラムの切れ端です。
通常Sサイズだとこの長さの2.5倍の寸法をカットするので約「35g」切る事になるから
「モンテクワトロ」のカット後の重量は382-35=347gくらいになるでしょう!
「初代ゼロセッテ」と同等の重量になるので、乗り比べてみたいですね?(個人的な意見です)
(銘柄の違う製品を組み合わせるのは本来の性能を発揮できないのでオススメはしておりません)
新・アルミフレームの在り方⑥_a0386742_16462300.jpg
「モンテクワトロ」にスペックしているフロントフォークはエントリーモデルに
するとかなり優れた物を使用しています。
フレーム本体の性能をより引き出すのに必要だと考えたからなのです。
販売価格から「エントリーモデル」と位置付けていますが、現実的にはアルミの
最上級モデルと言いたいくらいなのです。
2000年初頭はアルミバイクがハイエンドモデルだった時期です~その頃の物に
比べても遜色ないフレーム性能だと考えています~
まず、乗ってみると驚き、欲しくなる一台だと思います!!!





@服部産業サイクリング部





by hattorisports3 | 2019-10-30 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< らりるれ日記(ダイアリー)① スクラッチ/M5 タイロックスレール >>