人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今年、レースイベントに使用するホイールを組む件について

ディスクブレーキ用のフロントホイールを組み立てます。

今回はマウンテンバイクに使うので「26インチ」または「27.5インチ」を検討しています。
伊吹山のヒルクライム用で考えているので、マウンテンバイククラスのレギュレーションが
「タイヤ幅は1.5インチ以上」~

「27.5インチ」で組むならばタイヤはパナレーサーの「PARIーMOTO」27.5×1.5が「300g」
で最軽量!「グラベルキング」の「310g」より軽いのだ!
ただ軽いチューブが見つからなくて・・・マキシスのフライウエイトでは「1.5」サイズが無い!
よ~く探してみると・・・チューボリートで「1.8」サイズがあった~「82g」!
タイヤをグラベルキングの「1.75」にすればなんとか使えるか!?
タイヤが「350g」になるが、チューブは「82g」ですむのから、ノーマルのチューブの重量
次第になります。
計算上「132g」より重ければ「1.75」を選ぶ事になりますね!?
パナレーサー製だと「205g」あります~他社も調べる予定!
チューボリートは1本が4300円というのは辛いところ~
「26インチ」で組んだ方が良いかもしれませんが・・・検証は後日します!

現在乗っているマウンテンバイクのホイールはクィック式~今後の事を考えるとスルーアクスル式に
した方が良さそう?
キャップを交換したら両方使えたらいいんですけど、ユニパー製のハブはアクスルから交換しなければ
ならないのです?
今年、レースイベントに使用するホイールを組む件について_a0386742_11530436.jpg
ロード用のディスクハブはキャップを交換するだけで両方使えるようです。
チェントウノNDR用に組み立てたホイールを参照して頂ければ分かると思います。
普段は12mmスルーアクスルで使っていますが・・・
今年、レースイベントに使用するホイールを組む件について_a0386742_11530274.jpg

画像のキャップを交換するだけで・・・
今年、レースイベントに使用するホイールを組む件について_a0386742_11530067.jpg

クィック式に早変わりします!ローターを外した状態であれば、ディスクブレーキでないキャリパーブレーキの
ロードバイクにも使えるのです~便利だしホイールをいくつも所有しなくてもすみます!
今年、レースイベントに使用するホイールを組む件について_a0386742_11525818.jpg

チェントウノNDRはダイレクトマウントブレーキを取り付けていているのですが
12mmスルーアクスルで使っています~
将来的にディスクブレーキにモディファイする時の費用を抑えられてし無駄な
ホイールが発生しません。
高価なカーボンホイールを自転車に合わせて複数持ち合わせるのはしんどい事です!
(このホイールのリムはキャリパーブレーキ用を使っています)
ただし、フロントホイールは確認できましたがリヤホイールはこれからします。
今年、レースイベントに使用するホイールを組む件について_a0386742_11525741.jpg
という事でマウンテンバイク用ハブも両方使える様にモディファイする事にしました。

つづく



@服部産業サイクリング部







by hattorisports3 | 2020-01-23 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< 2月の試乗会 inキヨシ商会 らりるれ日記(ダイアリー)⑪ >>