人気ブログランキング | 話題のタグを見る

古い自転車に乗る②

クロモリは後半に足が残るのか?
前回 H先輩にホイールを換えたら良くなるやろー!っと言われました。
今回の〇町クラブ長距離ライドは和歌山県岩出市にある1000円ステーキを目指すグルメライド。
詳しくはこちらをご覧ください。

換えたホイールは手組でデュラハブにオープンプロのリムです。
古い自転車に乗る②_a0386742_14061921.jpg
古い自転車に乗る②_a0386742_14061569.jpg

これまで使っていたホイール、キシリウムESに比べると約100g重量増ですが、果たしてどうでしょう…?

今日も最後は輪行予定で荷物を用意
9時に岸和田のコンビニに集合なので、少し早めの6時過ぎに家を出ました。
古い自転車に乗る②_a0386742_14012605.jpg
この日は気温0度で夜明け前に出発はツライ~

早く出発した理由は、近鉄南大阪線の土師ノ里ー藤井寺の間にある澤田八幡神社に寄るためです。
以前から気になっていました。この神社は境内に電車が走り踏切が設置されています。珍しいのでは~?(電車が通過していたら良かったのに…)
古い自転車に乗る②_a0386742_14164949.jpg
集合場所まで約50㎞をチンタラ走って合流しました。ちょっと補給します。
形に深い意味はありませんョ
古い自転車に乗る②_a0386742_14164231.jpg
ここからはJR阪和線沿いに和歌山へ抜ける雄ノ山峠で岩出に向かいます。和歌山へ抜けるには1番楽な道ですョ。

ダンシングで上るとホイールのたわみを感じ(これがウィップ感かなぁ)ますが、凸凹な場所は乗り心地が良くホイールを換えて正解!
先輩に感謝しながら走ります。スピードも平地で30㎞弱、登りも短く無理しないのんびりペースです。(今日はきつい登りもないので楽勝っと心の声)
古い自転車に乗る②_a0386742_14445253.jpg
11時前に、昼食のGステーキ(1000円ステーキ)に到着です!
古い自転車に乗る②_a0386742_14473307.jpg
今回は5人中3.5人がウィリエールです101.png
前回に続きA坂さんのCento1Air・T村君のCenro10エリート・H先輩のGTR SL・私のザフィーロ原型です!
もう1人のS島さんはコ〇ナゴです。
早くウィリエール買ってくれないかなァ
古い自転車に乗る②_a0386742_14064364.jpg
Gステーキ(月替わりのお肉)200gで1000円!ご飯・スープ・サラダ食べ放題付き!
私は200gでお腹いっぱいになりましたが、A坂さんは倍の400g(1980円)を完食でした。
古い自転車に乗る②_a0386742_14474097.jpg
食後はベルギーワッフルとチョコレートのベルクラインでワッフルとドリンクのセットを頂きました102.png
店内はほとんど女性の中、おっさん5人レーサーシューズをカチャカチャ鳴らしピチピチの服装で入るのはこっぱずかしぃですが
ワッフルの美味は恥ずかしさを帳消しでお釣りがきますョ!
古い自転車に乗る②_a0386742_13325405.jpg
日頃の感謝で嫁にお土産も買いました。(買ってくるんじゃなくて私を連れていけと小言をもらいましたげど)
デザートも頂き幸福感満載になり、予定では国道24号を東へ走り紀見峠で河内長野から、電車で帰路につくはずが…

H先輩がペースを上げてグングン引き始めます。何故~?
紀見峠へも金剛トンネルへも行かず国道24号をひた走り奈良県に入っています。

今日はグルメライドでは?との問いにH先輩は『グルメライドはワッフル食べて終わったやん!これは沖縄練や!!』ドッヒャー

途中2回のパンクがあり、休憩できましたが、細かいアップダウンの繰り返しはキツイです~。
結局ハイペースで国道24号を走りきり、国道309号から山麓道路を北上し穴虫で大阪組とサヨナラでした⤵

しんどかった~ここからだと家まで25㎞なので、走って帰っても良かったのですが、せっかく輪行の用意を背負い走ってきたので
最後は王寺駅から電車で帰宅しました。
古い自転車に乗る②_a0386742_14230661.jpg
前回は重量と使用ギヤの違いで、シフトチェンジを意識しましたが、今回はペダリングを意識しました。

普段の漕ぎ方を変え、踏み込むときに、なるべく高い位置から一定の力で最後まで入力していくと、
同じペースで走っても足への負担が軽くなる事に気づいたのです。
もちろん引き足を意識することは忘れずに。

考えられることは、軽量なカーボンバイクは、大きな力をグッとかけると短い時間でも勢いが付いて前に進み、
慣性で走れている。
重量2㎏増しのクロモリバイクでは、慣性が付かないで減速しているのではないかなァ?特に登りで
要は漕ぎ方が汚い(下手くそ)という事です。

後日、この走り方で山を登ると、バイクを乗り換えてからいつも13分30秒ぐらいかかっていましたが約1分短縮できました104.png
もちろん、しんどさも増増です。
これでもベストタイムより1分遅い…


そろそろ軽いカーボンバイクに戻りたい~


















@服部産業株式会社
by hattorisports3 | 2020-04-03 20:00 | せのー日記
<< キット北村の石畳を制する旅20... サイクリング日記~番外編② >>