人気ブログランキング | 話題のタグを見る

<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>

<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>

引き続き2022年登場エントリー~ミドルグレードのガルダをご紹介します。

イタリアから送られてきたカタログ用写真を元にガルダの魅力をお伝えします!

エントリー~ミドルグレードにもケーブル内蔵の波が押し寄せ、リッチー製のステンマSアルミステムが登場。
ゼロSLに使われているステンマSLアルミステムとは素材とハンドルバークランプ部分の形状が異なります

<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15314964.jpg

ハンドルバー・ヒンジ固定方式のステンマSLアルミステムよりも、オーソドックスな固定方法のハンドルバー・4本止め固定方式のステンマSアルミステムの方が個人的に好きです💗
<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15320983.jpg
フロントフォークはシンプルなデザインです。フレームは角ばっており、エッジが効いています。初代グランツーリズモのようです。
<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15321455.jpg

シートステー・シートチューブ・トップチューブの集合部はゼロSLRのようです。
<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15322505.jpg

シートステーにはブリッジを設けています。
<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15324250.jpg

右チェーンステーはペダリング効率を高めるためもあり、角ばっています!
<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15330530.jpg

左チェーンステーを見るとディスクブレーキの所でフレームとのクリアランスがしっかりと確保していることが分かりますね。
<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15331118.jpg


定番カラーのマットブラック/レッドもございます!

<2022年モデル発表⑤! ガルダ②>_a0386742_15331433.jpg

いよいよケーブル完全内蔵の波が下のモデルまで降りてきました。
ポジションを頻繁に変更したり、メンテナンス作業を自分で行う人にとってはあまりメリットはありませんが、
やはり見た目はケーブルが無いモデルはスタイリッシュに見えますね。

<2022年モデル発表⑤ ガルダ②>おしまい


by hattorisports3 | 2021-11-03 07:00 | Wilier(ウィリエール)
<< <2022年モデル発表⑥! レ... <2022年モデル発表⑥! レ... >>