人気ブログランキング |

世界の女子プロチームが使うチェントウノ エアー

あまり知られていませんが、女子のプロチームにもウィリエールはバイク供給を始めています。
強豪チームでいうと以下の2チームです。
Astana Women's Team(アスタナ ウィメンズ チーム)
Doltcini-Van Eyck Sport(ドルチーニ・ヴァン エイク スポーツ)

アスタナ ウィメンズ チームは言わずと知れたアスタナが運営するコンチネンタルチームです。
一月のツアーダウンアンダーではカティア・ラグーザ(イタリア)は最終ステージで6位、個人成績8位でレースを終えることができました。
さらにヤングライダー部門で3位入賞。将来有望な選手が所属しているチームです。
世界の女子プロチームが使うチェントウノ エアー_a0386742_15292244.jpg
世界の女子プロチームが使うチェントウノ エアー_a0386742_15382843.jpg



























ドルチーニ・ヴァン エイク スポーツはスポーツウェアブランドのドルチーニと販売店のヴァン エイク スポーツが運営するコンチネンタルチームです。
活動拠点はベルギーです。
世界の女子プロチームが使うチェントウノ エアー_a0386742_15295738.jpg
世界の女子プロチームが使うチェントウノ エアー_a0386742_15300791.jpg

























2つのチームにはいくつかの共通点があります。
一つはフレームがチェントウノ エアーということ。
このモデルはマイナーチェンジをしつつ長く販売されている元フラグシップです。
世界トップレベルの2チームが選んだものなので、性能はまだまだ一級品なのでしょう。
少なくとも、ヘッポコ脚の私にとっては十二分な性能なのです。
(ただ、実際に買うには好みのデザインなどの都合もあるのが悩みどころ。その結果、私はオーバースペックなチェントディエチ エアーを選んでしまった。)


二つ目はどちらのチームもキャリパーブレーキ仕様ということ。なぜ~?
キャリパー仕様ホイールのほうが走りが軽いから?(山岳ステージは男子もキャリパーのほうが多いかな)
チーム予算の都合上?(本国サイトの定価を見比べるとほぼ価格差がないので可能性は低い??)
トータル重量を軽くしたいから?(これはUCI規定があるので可能性は低いかな)
ディスクの必要性が見いだせないから?
気になりますね~。(英語話せないけど)機会があれば聞いてみたいです!



















@服部産業株式会社

# by hattorisports3 | 2020-02-19 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

雲海サイクリング

2月15日(土)午前10時に河内長野・観心寺駐車場にて集合。
金剛トンネルを越えて五條市へ向かいます。
鍋谷峠が通行止めになっているせいか自転車の通行量がいつもより多く感じました~
雲海サイクリング_a0386742_08404447.jpg

曇り空、少し肌寒く感じる中、上り始めました
小深の気温は「7℃」、太陽が当たればもう少し暖かいのですが・・・
雲海サイクリング_a0386742_08404123.jpg雲海サイクリング_a0386742_08403983.jpg

石見川まで上がってきても気温は下がっていなかったので助かりました。
一気に金剛トンネルまで走ります~途中に工事区間が2か所あってゆっくり走ると
対向車の待ち時間が増えるので気を使います(速く走ると体力も使います)。
画像はトンネルを出た所です。
雲海サイクリング_a0386742_08403707.jpg雲海サイクリング_a0386742_08403430.jpg

下りで体が冷えるのに備えてウィンドブレーカーを着ます。
これから向かう市街地を見下ろすと~
雲海サイクリング_a0386742_08403163.jpg雲海サイクリング_a0386742_08402862.jpg

「雲海」が見えるではありませんか!?
こんな場所で発生するのはいくつかの条件を満たさないといけないから
見れたのは超ラッキー(?)ですね!
画像ではただの「雲」に見えるけど実際はもっと凄かったンですよ!
雲海サイクリング_a0386742_08402687.jpg

パン工房ヤムヤム」さんに到着です。
雲海サイクリング_a0386742_08402472.jpg

こんなのを、食べました!
大体、コーヒー付きで1000円弱の予算になります。
雲海サイクリング_a0386742_08402114.jpg雲海サイクリング_a0386742_08414274.jpg

お腹がいっぱいになったので無理せずに帰りの金剛トンネルを上ります。
その時にまた五條市方面を見下ろすと~
雲海サイクリング_a0386742_08414098.jpg雲海サイクリング_a0386742_08413721.jpg

さっきより分かりやすい「雲海」が見えたので記念撮影です。
雲海サイクリング_a0386742_08413672.jpg

金剛トンネルまで戻ってきました。
この後、河合寺まで下って「福智庵」でコーヒータイムにしてから解散しました。
雲海サイクリング_a0386742_08413497.jpg雲海サイクリング_a0386742_08413141.jpg

帰りは北野田経由~今でも少し寂しげな商店街が残っています。
雲海サイクリング_a0386742_08412684.jpg

大美野を過ぎればもうすぐ今日のサイクリングも終了です。
雲海サイクリング_a0386742_08412413.jpg





@服部産業サイクリング部




次回、高野山の「とんかつ定」さんへ行く予定です。


転勤します。
# by hattorisports3 | 2020-02-17 15:00 | 軽量おぢちゃん

アスタナが勝った!!!③

ツール・ド・ラ・プロヴァンスの全日程が終了しました。
個人総合優勝はナイロ・キンタナでしたが2位にアレクサンドル・ブラゾフ (ロシア人、右の人)、3位にアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、左の人)と好成績を残してくれました。
リザルトを見てるとティボー・ピノも出場していて2人とも彼に勝っていたのでビックリです!!
アスタナが勝った!!!③_a0386742_10303939.jpg
アスタナが勝った!!!③_a0386742_10330299.jpg























ポイント賞ではアレクセイ・ルツェンコが1位、アレクサンドル・ブラゾフが2位!!
ヤングライダー賞ではアレクサンドル・ブラゾフが1位!
チーム総合成績ではアスタナが1位!
アスタナが勝った!!!③_a0386742_10322508.jpg
アスタナが勝った!!!③_a0386742_10324446.jpg























アスタナ絶好調です。
水曜日からのブエルタ・ア・アンダルシアが楽しみです(Jスポーツにて放送されます。)
ヤコブ・フルサングは2連勝なるか!?
最大のライバルとしてはバーレーン・マクラーレンのミゲル・ランダかな?(勝手な予想です)
【出走メンバー】
ヤコブ・フルサング(デンマーク)
ヨン・イサギレ(スペイン)
ドミトリー・グルズデフ(カザフスタン)
・アレクサンドル・ブラゾフ(ロシア)
ダニール・フォミニフ(カザフスタン)


このレースにはトタル・ディレクトエネルジーも出場します。
ウィリエールだらけの大会ですね!!
【出走メンバー】
ダミアン・ゴダン(フランス)
ロマン・シカール(フランス)




また、国内放送はされませんが同日にポルトガルでボルタ・アン・アルガルヴェが開催されます。
他チームの出走メンバーを見ているとフレフ・ファン・アーヴェルマート、フィリップ・ジルベール、ローハン・デニス、ゲラント・トーマス
ミハウ・クヴィアトコフスキ、マチュー・ファン・デル・ポールなどエース級のレーサーがゾロゾロいますね~。
こちらのレースも楽しみです。
【出走メンバー】
ジャンドス・ビジギトフ(カザフスタン)
ユーリ・ナタロフ(カザフスタン)
ハロルド・テハダ(コロンビア)





















@服部産業株式会社


# by hattorisports3 | 2020-02-17 12:00 | 平ぱ~兄さん日記

古い自転車②

古いクロモリロードを組み立てる前回の続きとなります。

古い自転車②_a0386742_08571140.jpg
いつもの手順で下処理後にBB・クランク・前後ディレイラーなどを組み付けていくと
昔のフレーム特有のパーツが必要になってきました。

逆爪エンドにはハブ軸調整用のアジャストボルトが必要になります。
古い自転車②_a0386742_09065381.jpg

今でも手に入りますが、在庫で置いている店は多くないでしょう。(左右に必要です)
これがアジャストボルトです
古い自転車②_a0386742_09093756.jpg
こんな感じで付けます~(取付方がわからなかったのでウェブで検索しました)
古い自転車②_a0386742_09094259.jpg



STIレバーを使用する場合には、Wレバー台座にアウターストッパーが必要になります。
古い自転車②_a0386742_09161794.jpg

これがアウターストッパーです。
昔はシマノのSTIレバーを買うと付いていましたが、現在は別売のようです。
古い自転車②_a0386742_09192452.jpg
実際に取り付けた画像です。

古い自転車②_a0386742_11240380.jpg


フォークは今回スレッドレス(アヘッド)で組みます。
古い自転車②_a0386742_17094132.jpg
1インチステアリングコラム(25.4mm)に、今の主流1-1/8インチステアリングコラム(28.6)用のステムを使うため
シムを用意しました。
古い自転車②_a0386742_17102086.jpg
これで現行のステムも使えますネ!


アンカーも1インチ用のスターナットを使うつもりでいましたが、ユニパーのエキスパンダーが使えました。
古い自転車②_a0386742_17154280.jpg
少しでも軽量化です。
古い自転車②_a0386742_08435447.jpg


問題発生!なんとシフトワイヤーのアウター受が、今の大きさと違う事が判明!
古い自転車②_a0386742_17175253.jpg
どうにか使えるアウターキャップを見つけました。
古い自転車②_a0386742_08435705.jpg
H先輩に聞くと『昔のシフトアウターはブレーキと同じ太さだったよ」との事。初めて聞いたョ!
たぶん30年以上前の話です。フレームの歴史をかんじますネ~


タイヤは前後とも25Cが入ったのでホッと一息。
古い自転車②_a0386742_18015046.jpg
古い自転車②_a0386742_18014527.jpg

最近は23Cが少なくなってきているので、25Cが入り一安心です!

シートポスト径Φ26.8㎜は手持ちがカロイ製しかないのでしばらくはこれで我慢。
もう少しカッコイイ物が手に入れば交換しようと思っています。


走れる状態になりました。
古い自転車②_a0386742_18101853.jpg
細身のパイプに似合うリッチー製のクラシックボトルゲージをチョイスして完成!
完成車重量は…
古い自転車②_a0386742_18104002.jpg
ん~!!重いですね。普段のバイクより2㎏以上重たいです⤵
まぁ、私はこのバイクに軽量を求めていないので良しとします!
一度乗って今後のモディファイを考えていきますね…続く

# by hattorisports3 | 2020-02-17 00:00 | せのー日記

アスタナが勝った!!②

アスタナがやりました!!
ツール・ド・ラ・プロヴァンスの第3ステージ
アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、右の人)が2位でフィニッシュしました。(キンタナから約1分26秒遅れです)
コリマ MCC S+がめちゃ欲しい・・・。

最新の成績では
アレクサンドル・ブラゾフ (ロシア人、左の人)が2位
アレクセイ・ルツェンコが3位

ポイント賞、ヤングライダー賞では
アレクサンドル・ブラゾフがリードしています。
更にはチーム総合成績でもアスタナがリード!!
アスタナが勝った!!②_a0386742_11543195.jpg
アスタナが勝った!!②_a0386742_11544642.jpg




























ブエルタ・ア・ムルシア第2ステージでは
ルイス・レオン・サンチェス(スペイン、1,2枚目の人)が

先頭フィニッシュ!!

オマール・フライレ(スペイン、4枚目の人)も2位でのフィニッシュ。
なんと1.2フィニッシュ!!カッコいいぞ!!!

アスタナが勝った!!②_a0386742_11163964.jpg
アスタナが勝った!!②_a0386742_11164738.jpg

















アスタナが勝った!!②_a0386742_11170232.jpg
アスタナが勝った!!②_a0386742_11171023.jpg





























最終結果として
ルイス・レオン・サンチェスはポイント賞3位
ニキータ・スタルノフ (カザフスタン)山岳賞2位、個人総合成績では5位
チーム総合成績では優勝を成し遂げました!
ボーラやアルケアに勝ったど!!



# by hattorisports3 | 2020-02-16 12:16 | 平ぱ~兄さん日記